ユニクロ・カシミヤマフラーの評判:バーバリーやジョンストンズとの比較

ユニクロ商品は人気が高く、購入する人も様々。

当然、評判もいろいろでどれがホントなの?と困っちゃいますよね。

ユニクロ・カシミヤマフラーも例外ではなく。。。

そこで、どういうところが満足・不満足なのか分析してみました。

それから日本で人気のあるカシミヤマフラーのバーバリーとジョンストンズがどんなものなのか、日本ブランドのカシミヤマフラーについてお知らせします。

スポンサーリンク

ユニクロ・カシミヤマフラーの評判

早速、世間の評判をみていきましょう。

まず、良いコメント。

  • 薄くてコンパクト バッグにしまやすい。
  • カラフルな色が揃う。
  • 低価格のわりに良い。
  • 肌触り通い。

一方で残念なコメント。

  • カシミヤとは思えない。
  • ペラペラしている。
  • 幅が狭い。

ユニクロのホームページによると、カシミヤマフラーは幅25cm、長さ176cm、重さは不明とのこと。

素材の原産国が違うと商品番号を変えているとの記載もあったので、ものによって重さは違う可能性もあるかも。。。(でも、こうやって管理しているのは好感が持てます。)

で、重さは不明ですが、コメントをまとめると、カシミヤマフラーとしては幅と厚みが薄い。

これをコンパクトで使いやすい!とするかペラペラで嫌だ!とするか。。。

ユニクロ・カシミヤマフラーの利点&残念な点

ユニクロ カシミヤマフラー

http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/neckwear/women/

ユニクロ・カシミヤマフラーの最大特徴は、「価格とのバランス」

低価格でほどほどに肌触りが良いものが手に入るし、複数色を揃えることも可能ですよね。

普段のコーディネートがシンプルな人が顔周りを明るくする目的で使ったりするのに向いているんじゃないでしょうか。

特にこれぐらいの値段だと、気楽にこまめに自宅で洗濯できるでしょ。

汚れやすい白・淡い色をあえてユニクロで購入する利点はあると思います。

ただ、もしも、次のようなことを考えて購入しようと思っているなら、ちょっとお待ちを。

  • シンプルやプチプラコーデをカシミヤマフラーで格上げしたい!
  • 良いものを長く身につけたいからカシミヤのマフラーを!

残念ながら、そこまでのクオリティーは期待できません。

カシミヤマフラー

参考:http://www.uniqlo.com

スポンサーリンク

バーバリーのカシミヤマフラー

私の場合、母からバーバリーのマフラーを譲り受けました。

トータル30年以上になりますが、まだまだ、使用できますよ。

丈は昔風で短いですが、さほど問題ではないです。

いわゆるバーバリーチェックなので流行もないし、年齢も男女差もなし。

毛玉はもちろんゼロに近いし、ほどよくふっくらしてとても暖かい!

ユニクロとは全く別次元のものです。

「良いものを長く着る」ってよく言うじゃないですか。

でも、服で一生モノは、なかなか難しいです。

たとえ定番といえども、ちょっとした時代のエッセンス加わっています。

それを通り抜けたアンティークやビンテージを着こなすには特別な相性またはセンスが必要。

誰でもなんでも可能ってわけではないんです。

でも、ストールやマフラーでなら、一生モノ、可能です。

服ほど摩擦や汚れもないので、クリーニングによる傷みも少ないですからね。

別にバーバリーじゃなくてもいいんですけど、

長く大事に使うならこのクラスのカシミヤ、30年以上は使えます。

jhonstones(ジョンストンズ)のカシミヤマフラー

バーバリーに比べてチェックの種類も豊富でかわいくて華やか?

現地直輸入のネットショップだとまあまあの価格で手に入ります。

バーバリーやロロピアーナほどじゃないという説もありますが、英國王室指定になるくらいの結構いいもの。

今、日本では芸能人をはじめ、ファッション誌で扱われていてブームですよね。

でも、もとはファッションというより質実重視の老舗。

なので流行に流されない商品展開のはず。

柄選びを間違えなければ、長く使えると思いますよ。

 

Cashmee(カシュミー)

最後に今、着目しているブランドです。

120年の歴史がある日本の深喜織物とカシミヤの産地である内モンゴルの会社で作られたブランド。

日本の会社を応援したい気持ち、品質への安心感、英國老舗より安いことが利点です。

伝統チェック柄には、ひょっとしたら本場とセンスの差が出てしまうかもしれませんが、無地なら問題ないかと。

 

まとめ

  • ユニクロのカシミヤマフラー、ほどほどの品質、色重視なら高評価。
  • ただし、高級ブランド・一生モノというほどの質感はない。
  • バーバリークラスのカシミヤマフラーは30年以上使える。
  • ジョンストンズはバーバリーほど高くなく、色・柄の種類が多い。
  • カシュミーは日本ブランドでおすすめ。

ジョンストンズは可愛くていいんですけど、今は人気がありすぎてかぶってしまうことも多々あるので使いづらくなっていまいました。

定番柄なので出番はいつかやってくるとは思うんですけど(;_;)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする