お弁当にカレーを入れるのにオススメの容器はコレ!漏れない・温かい・洗いやすい!

息子がお弁当にカレーを持っていきたい!と言い出しました。

いったいどういう容器で持たせればいいのか。

  • 学校なので電子レンジなし→冷たいカレーでいいのか?
  • 荷物が多い&扱いが雑なので弁当箱をまっすぐ運ぶのはたぶん無理→漏れる?

悩んだ末の結論と他のオススメ方法もお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

カレーを入れるのにオススメの容器(我が家の場合)

カレーをお弁当として持っていく容器に私はこんなことを求めました。

  1. 漏れない。
  2. 美味しく食べられる。→ご飯もルーも温かい。
  3. 洗いやすい。
  4. 量が入る。

我が家の場合、結局、選んだのは、次のかたち。

  • カレー → スケターのスープポット。
  • ご飯 →      アスベル・ランタスカフェ丼。

カレーは、ニオイ・着色が強力ですよね。

結構、油っぽいし。

そこで、安めのスープジャータイプをカレー専用にすることにしました。

スープジャーは、たいてい、口が広め、中がステンレス製。

なので、洗いやすい。

あと、サーモス・タイガー・象印だとやや高めのお値段ですよね。

ダメになることも考えて、安めのものを探して、スケーターというのがたまたまアマゾンで1000円以下だったのでそれを選択。

結果として、

  • 保温GOOD!
  • パッキン&蓋ネジ式なのでもれることもなし。
  • 付属部品もなく、単純な形で洗いやすい。

正解でした。

パッキン部分がやはりニオイが残ってしまうんですけど。。。

カレー専用ってことで許容範囲です。

あと、ご飯。

息子は冷たくてもいいというので普通の弁当箱に詰めるということも考えましたが。。。

やっぱり、冷たいご飯でカレーってどうなの?

熱々のご飯でなくてもいいから、程よく温かくしたい!

ということで、アスベルのカフェ丼タイプを選びました。

ステンレスの保温容器の中に容器を入れるタイプです。

他の保温ジャーほどかさばらないのがいいところです。

中に別容器がついています。

本来はこれだけでカレーを持っていくことも想定した作りなんですよ。

ただ、私はこのパッキンだけでカレーを持ち運ばせるのは、かなり不安。

メーカーも粘度の少ないものは入れないでくださいなどと。。。

つまり、漏れることもありますよってこと?

さらに、中は白いプラスチックの容器なのでカレーが密着した後、落とすのが大変そうなのでこれにカレーをいれるプランはなくなりました。

上の容器には 福神漬け・冷凍食品のカツなんかを入れることにしてます。

カツカレーになって好評でした。

下の容器もプラスチックですが、ご飯にカレーをかけて食べた程度の汚れは普通に洗ってすぐ落ちましたので問題なしです。

ニオイも残りませんでした。

アスベルのカフェ丼は中はこんな感じのものです。カレー以外にも用途がありそうです。

参考:家庭用品のアスベル楽天市場店

スポンサーリンク

他の容器

カレーを入れる容器を探している中で、他の方が使っているものも当然検討しました。

私は、選ばなかったけれど、条件が合えば便利に使えるかもしれないのでいくつか紹介しておきます。

保温ジャー・保温弁当箱

魔法瓶タイプの保温ジャー?というもの知ってます?

こんな感じのね。

既に我が家も、タイガーのものを普通のお弁当に使用しています。

これ、カレーにどうかなーと思ったんですが、以下の点でやめました。

  • スープ容器が最大270mlで少なめ。
  • 保温容器はステンレスだが、他の容器はプラスチック→汚れ・ニオイが落ちにくそう?
  • 高めの値段だったので、カレーでダメにしたくない。

タイガー以外のサーモスや象印なんかもそういう点は同じでした。

ちなみにタイガーのステンレスジャーは、普通のお弁当箱としてなかなかいいですよ。

かさばる&重たいですけど、うちは成長期男子なんで重さより量。

ご飯は温かく、味噌汁やスープは、熱すぎると言われちゃうくらいの保温力、漏れない、部品も単純で洗いやすいです(^o^)。

まー、そんな優れもの故、普通の弁当箱として毎日活躍中。

なんでカレーのニオイがこびりついて落ちないという事態も避けたかったわけです。

これでカレーを持ってきている友人もいるらしいので、使うことはできると思います。

ジップロック

息子の場合、学校に持参なので電子レンジでチンすることはできません。

なので、即、候補から外れたわけですが、

  • 安い
  • 軽い
  • 漏れない
  • 大きさも豊富

と、いう好条件の容器なので、電子レンジがある環境の方は検討してみるのもいいんじゃないでしょうか。

ステンレス製:シーガル

シーガルのステンレス製お弁当箱。

ステンレスだと洗いやすくてニオイも残らないので有力候補だったのですが。。。

保温と漏れがどうなんだろう?ということでやめました。

パッキンはなく、ガチャンと止めるタイプのようです。

まっすぐに運ぶことができる人ならいいのではないでしょうか?

形もなんか可愛いし。

インド式お弁当箱

インド式っていうからには、カレーを持ち運ぶために作られているはず?

なので漏れないとは思うのですが、保温はしないように思えます。

口コミは、運動会のお重の代わりとしてのような感じで使用している方が多くてカレーの方は見つけられませんでした。

お弁当箱として好評ではあります。

値段もそれなりにするので失敗したくなくてやめました。

おまけ:詰め方

カレーをお弁当として持っていくにはどうしたらいいだろうと調べていく中で、容器ではなくて詰め方に工夫しているケースもありました。

  • 中にラップを敷いてその上にカレールーを包んでから弁当箱に入れる。
  • 「ご飯・カレー・ご飯」というふうにサンドにする。

直接カレーをいれると洗うのが大変ですが、こういう工夫をするとベタベタ、ヌルヌルが減るよってことらしいです。

なかなかいいアイデアだと思います。

でも、カレーとご飯の両方を入れる充分な大きさの保温タイプの弁当箱が見つからなかったので、我が家の場合は採用できませんでした。

大食いのお子さんじゃなければ、これを保温タイプの弁当箱ですれば、あっさり解決かもしれませんね。

まとめ

  • 安めのスープジャーをカレー専用に、アスベルのカフェ丼にご飯を入れたら良かった。
  • 保温ジャータイプは洗いにくさ、量の面をクリアできれば大丈夫。
  • ジップロックは電子レンジがあればいいと思う。
  • インド式・シーガルのステンレス製のお弁当箱は洗いやすいが漏れるかどうかは未知数。

カレーは普通に家で食べたほうがいいと勧めてきたんですが、どうしてもお弁当に持っていきたいらしいので試行錯誤しました。

もっといい方法があったらまた紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする