ファブリーズは効果ない?除菌・消臭・ダニ対策への正しい使い方

ファブリーズの宣伝フレーズを疑問に思ったことはありませんか?

「ファブリーズでお洗濯!」ってどういうこと?

「99%除菌」って本当にできているの?と。

ファブリーズってそんなに万能スプレーなのでしょうか?

ファブリーズの本来の機能・どういう使い方をすればいいのか調べて考えてみました。

スポンサーリンク

ファブリーズは効果ない?

ファブリーズにどれくらいの効果があるのか?

公表されている成分や実験結果から除菌、消臭、ダニ対策にどういう効果があるのか、宣伝と比べてどうなのか考えてみました。

除菌効果

とりあえず、除菌成分は入っています。

ただ、ちょっと中途半端なものという気がします

「99%除菌」と聞くと、さっとスプレーすれば、今ある菌のうちの99%を除菌してくれるような気がしてませんか?

残念ながら、そんな素敵なことはありませんでした(;_;)

P&G社のホームページ等調べてわかっているところでは、

  • インフルエンザウイルスは99%除菌できた。
  • でも、ノロウイルス等はダメなものもある。
  • ファブリーズMENは臭いの原因菌を99.9%除菌できた。
  • いずれも布にスプレーした場合のみ、テーブルなどの硬い面、空気中では効果が出ない。

つまり、

「布についているインフルエンザウイルスと臭いの原因菌だけは99%くらい除去しますよ!

でも、テーブルとかドアノブとかについてる菌はできないの

ノロウイルスはだめなの、他の菌はよくわからないから別のもの使ってね。

ってことですよ。

インフルエンザの人の咳が衣類にかかった場合、ファブリーズしておくと除菌してくれるっていうのは大流行時にはありがたいといえばそうかもしれない。

でも、布専用除菌剤ってかなり限定された用途。

ついでに除菌成分はというと。。。

ファブリーズの除菌成分は総称でQUATと呼ぶ独自のもので詳細は企業秘密で未公開。

ただ、QUATという文字で調べると、第4級アンモニウム化合物とか第4級アンモニウム塩というもので、石鹸・洗剤・シャンプーなどに使われるもののようですね。

第4級アンモニウム塩自体は、ノロウイルスなんかはダメですが、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの細菌を除去できるそれなりの除菌成分です。

でもね、ファブリーズでは、多分それほどの除菌力はないのでは?

P&G社のホームページではこんなことを言っています。

  • 使用しているQUATというのは、自分たち独自のもの。
  • 目への刺激、誤飲時など、安全性のデータを取って確認済。

ここから想像すると、そのQUATは家庭用に弱~くアレンジされているのではないでしょうか

空気中にスプレーした時、ついうっかり顔なんかにかかってしまっても、大問題にならないぐらいに。。。

そうだとすると、除菌力は充分とはいえない

P&Gもカビや汚れ自体は洗い落とすことを奨励してますしね。

なので除菌というよりは、これ以上増やさない程度、一時的に抑える程度のものなのでないかと思います。

消臭効果

消臭効果は除菌に比べてわかりやすい。

一定の消臭効果はありますよね。

ただ、どうやって消臭しているのか?

消臭というより香りでごまかしているんじゃないの?というところが気になりますね。

メーカーのホームページで消臭の仕組みについて見てみました。

スプレータイプの場合

  • 有効成分を含んだ水分が繊維に浸透して臭いの粒を吸収する。
  • 水分は蒸発する。
  • 臭いの粒は、トウモロコシ生まれの消臭成分の中央の穴の中しっかり捉えられる。

置型タイプの場合

  • ゼリーで臭いの粒を吸収。
  • 空気は、目には見えませんが絶えず動いているのでゼリーで吸収できる。
  • 臭いの粒は化学的に中和されることでなくなり出てくることはない。

この説明だと香りをつけてごまかしているだけってことはない

消臭効果はあるといっていいのではないでしょうか。

臭いの粒を捉えて出ないようにコーティングしておくという感じかな。

一回捉えた臭いは逆戻りはしないんだそうです。

でも、臭いの原因になっているカビや汚れから臭いがまた発生することはありうるので、その原因は取り除かないとまた臭うかもしれないとのこと。

ダニ対策

ダニを殺したり、除去したりすることは、全く無いです。

ちなみに他の虫も殺すほどの威力はないです。

ハウスダスト用ファブリーズに書いてある95%カットというのは、ダニやハウスダストをカットしたわけではなく。。。

ハウスダストが舞い上がる率を95%少なくしたということなんですって。

じゃ、ダメじゃないか!というとそういうわけでもなく。。。少しは良いことがありますよ。

ファブリーズのハウスダスト用は、ダニの餌になるハウスダストをポリマーで固めて取りやすくしているとのこと。

なので、こまめにスプレーして乾いたら掃除機で吸うことでハウスダストを減らせます。

ハウスダストはダニの餌なんで間接的にダニ対策をしていることになるわけです。

ダニ対策はなかなか難しく、実は天日干しでもそれほど効果があるわけではないんですよね。

だから、間接的な対策でも効果あるといっていいんじゃないでしょうか。

宣伝ほどの効果があるのか?

結局、宣伝文句ほどの効果があるのかというと。。。正直、ビミョー。

私にとっては、宣伝文句から期待したものとは随分違ったものでした。

「99%除菌」もインフルエンザウイルスが布についた場合限定の99%だったでしょ。

他もね。。。

例えば、「瞬間お洗濯」、「ファブリーズをするだけで洗濯と同等の効果

これは、ホームページを読んでみると消臭効果のみの話なんですよ。

実験の結果、洗濯したあとと同じくらい臭いがしなくなったいうことで、洗濯と同じくらい汚れが落ちたといっているわけではないんですよ。

ま、冷静に考えれば当たり前か。

期待しすぎたってことですね。

宣伝なんで多少キャッチーなフレーズになってしまうのは仕方ないのかな。

スポンサーリンク

ファブリーズの正しい使い方

ファブリーズを効果的に使うにはどうしたらいいでしょうか?

やっぱり第一は、用途別、スプレー回数などのメーカーの指示を守ることかなと思いました。

特に重要なポイントは以下のとおり。

  • スプレーは布用と空気用と混同しない。
  • 布用は、布を充分に濡らすことが大事。
  • 置型(特に車)は専用のものを使う。

布用と部屋用とは同じスプレーでも消臭の仕組みが全く違うんですよね。

だから、効果を出すためには混同しないことが重要。

一般的なファブリーズは布用。

なので布用ファブリーズを部屋にスプレーしても効かないのは当然。

むしろ、床や家具がベタベタするだけになってしまうかも。

同じスプレーでも布用の場合は布に染み込みやすい重たく大きめの粒子なんだとか。

衣類でも絨毯でも充分染み込まないと消臭できないんですよ。

ホームページでもしっとりするくらいスプレーするとか濡れた服のほうが効果があると言っています。

今まで布にかけたけどあんまり効かなかったという方はぬらし方が足りなかったかもしれませんね。

一方、部屋用のスプレーは、空気中にふわっと舞い上がり長くとどまることができるように小さい粒子なんだとか。

空気中の消臭は置型タイプが基本のようです。

トイレ用はアンモニア臭に強い、玄関用は玄関特有の臭いに強いなど、それぞれの用途別には理由があるみたいです。

もちろん、4効果を出すためには専用がいいけど、それはそんなに重要ではないです。

が、車にはぜひ車専用のものを!

他のもののとは違って高温で溶けない構造になっています。

車内って高温になりますよね。

ドロドロに溶け出したら始末におえないので。

まとめ

ファブリーズの効果と使い方についてまとめます。

  • 「99%除菌」とは布についたインフルエンザウイルスと臭いの原因菌の99%
  • 臭いの粒を固めて消臭効果は出ているが臭い元の汚れを除去はしていない。
  • ダニ・虫を殺す効果はないが、ハウスダストを固めて除去しやすくしている。
  • 効果的に使うためにはメーカー推奨の用途を守るのが一番。

魅力的なキャッチコピーに期待しすぎると効果がない!てなっちゃうかもしれませんね。

私は、除菌についてはアルコールスプレーのほうが便利だけど、消臭はけっこう使えると思ってます。

でも、やっぱり何らかの形で汚れは取り除かないとダメなので応急処置的なものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする