メラミンスポンジの正しい使い方:汚れ落ちの原理・ダメなもの

手軽で便利なメラミンスポンジ。

でも、万能すぎるゆえに使い方がイマイチ分かってないという人も多いのではないでしょうか?

しかも、実はメラミンスポンジを使ってはいない場所というのもあるんです…。

今回はそんなメラミンスポンジの効果的な使い方とNGな場所についてお伝えします。

スポンサーリンク

メラミンスポンジの効果的な使い方

メラミンスポンジのメリットはこんな感じですよね。

  • 洗剤いらずなのに汚れがよく落ちる。
  • 自分の好きな形、大きさに簡単にカットできる。
  • 安くて使い捨てできる。

では、こういうメリットを活かすには、どこに使えば効果的でしょうか?

食べ物のまわり

汚れ落ちが素晴らしいけれど手荒れを引き起こすような強力な洗剤。

食べ物に付着するかもしれないと考えると、ちょっと心配。

そういうときこそ洗剤入らずのメラミンスポンジの出番ですね。

とくに冷蔵庫の中、魚グリルのような直接食べ物がふれるところ。

ただし、カスを必要以上に出さないように水分を充分に含ませてからふくこと。

そして、カスが出たら、きちんと取り去ることを忘れずに。

炊飯器

参考:esseオンライン

網戸&窓枠

網戸や窓枠は外の汚れを直接受けるので結構汚れますよね。

雑巾などはすぐに真っ黒。

そういうときは、使い捨てのメラミンスポンジが便利。

たっぷり水を含ませてなぜるだけでスッキリしますよ。

メラミンスポンジの角を利用すれば窓のレールにもぴったりはまるので効率的に汚れをとることができます。

そして、雑巾のようにすすぐ必要はなし。

あとは捨てるだけ。

これなら大掃除までためこまずに気楽に掃除ができそうですよね。

水回り・蛇口

水回りは一日に何度も使うので掃除してもすぐ汚れてしまいますよね。

でも、小さくカットしたメラミンスポンジを水回りに置いておけば気になったところをさっと拭いて捨てることができます。

蛇口はピッカピカになるのでおすすめですね。

こまめに軽くこすっておけば本格的な水垢になるのを防げると思います。

外回り・玄関

ドアノブ、ポストなど結構汚れてしまうので、使い捨てできるメラミンスポンジは便利。

ちょっと入り組んだ形でも細くしたり、角を尖らせた形にカットしたりできるので隅々まで掃除できます。

ピカ王 メラミンスポンジ使用イメージ 水アカ

参考:ワコーグループ

スポンサーリンク

メラミンスポンジを使わないほうがいいところ

便利なメラミンスポンジなんですが。。。

ふつうのスポンジとはずいぶん違うものなので注意が必要です。

見た目は柔らかそうですが、実は硬い素材でできています。

メラミン樹脂という割れない食器の素材と一緒です。

こういうのです。 ↓

「メラミン樹脂 食器 画像 無料」の画像検索結果

参考:zakkanet

これがこまかーく層になっているんです。

つまり、実態は「ヤスリ」・「サンドペーパー」に近いんですよ。

そういうわけで企業のオフィシャルページなどは使えないところを記載してますね。

  • 表面加工(曇りどめ等)した鏡
  • 車の塗装面
  • 漆器
  • 光沢のあるステンレス・プラスチック面など
  • 凸凹がある面
  • 吸水性のある面

つまりは、メラミン樹脂より柔らかいものはダメ、硬くても表面加工がしてあったらダメ

ちょっとわかりにくい場合は、汚れを削り落としたいか」で判断したらどうでしょうか?

汚れとともに本体も削られてもいいか?

そう判断すれば、少し前に話題になった歯の汚れとか肌についてしまったマジック。。。

ヤスリで削りたいとは思わないはず。

また、OKとされている陶磁器でもだって削りたくないと思う大事なものには使わないほうがいいってことになります。

それからもう一点。

コーティングや素材の硬さに限らず、床、壁なんかは一部だけ白くなって悪目立ちするという失敗談はよく聞きますので要注意ですね。

まとめ

  • メラミンスポンジの利点は、洗剤いらず、自分好みにカット、使い捨て。
  • 食べ物近く、網戸、窓枠、水回り、蛇口、玄関などに向いている
  • メラミン樹脂より柔らかい素材・表面加工した素材には使えない。
  • 使える場所はヤスリでこすり落としてもいいかどうかで判断すると簡単。
  • 広い場所は一部だけ白くなりすぎることもあるので注意

メラミンスポンジは、適したところに使用すればとても便利です。

ただ、普通のスポンジと同じように使ってしまうと残念な結果になってしまいます。

キレイにしたいという思いが逆効果にならないように素材の特性を理解しておきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする